翌日には大漁!? 検索流入の受け皿を準備しておく小手先SEO5つ

検索流入、バカにできませんよね。今回は、PageRank3以下のサイトでも一定の検索流入を確保できるのではないかなと勝手に思う小手先を5つ考えました。

考え方は、競合が少ないながらも今後需要が見込める領域でなるたけ早くコンテンツをあげる、ということです。そのために世の検索ニーズをいち早くキャッチし、弱小サイトでも勝負できる領域を定め、適切なタイトルやコンテンツを構築するという手順でいきます。長期、中期、短期、の順番でツールと使い方の紹介です。

13Apr19_1024

長期:Googleサジェスチョン

Googleの検索ボックスにキーワードを入力したときににょろっと出てくる候補のことです。Keyword suggestion tool — Google suggest scraper — Übersuggestを使うと素直なテキストデータで閲覧できます。言語を日本語などに調整し、Webのままで検索します。ちなみに「高井戸」で検索すると以下の羅列がでました。

  • 高井戸 温泉
  • 高井戸倶楽部
  • 高井戸
  • 高井戸地域区民センター
  • 高井戸 プール
  • 高井戸警察署
  • 高井戸図書館
  • 高井戸駅
  • 高井戸 グルメ
  • 高井戸会議室

おそらく上位のものほど検索ニーズが高いものと思われますので、「高井戸」に注力したいサイトは上から順にキーワードを盛り込んだコンテンツをあげていくべきでしょう。「高井戸の温泉に週5回通う達人の述懐」「高井戸倶楽部に潜入!知られざる実態をレポート」などでしょうか。候補はそうそう頻繁に変わるものでもないようですが、新しいものが出現した場合にはまっさきに取り組むべきものとも推測できそうです。

中期:Googleトレンド

もっと面白いツールです。まさしく検索トレンドを把握するために用意されたもの。使い方は簡単。キーワードを入れて期間を調整するだけ。もしかしたらGmailでログインしないと見れないかもしれませんが、「高井戸」「過去30日間」で調べたものがこちら。「下高井戸」というキーワードが人気タブの1位にきています。なるほど、これでは使えませんね。なので期間を90日間などに伸ばすと、「高井戸シネマ」「高井戸温泉」がでてきました。これらも中期的には押さえておきたいものです。

短期対策になりますが、もし、「注目」タブに何か出現したらそれは、スポットでニーズの高まっている良質なキーワード。競合が少なそうならまっさきに取り組むべきです。

中期:Googleキーワードツール

GoogleキーワードツールではキーワードのボリュームとAdwords広告出稿の競合具合をチェックできます。ボリュームがありながら競合の少ない領域を発見できます。このツールの活用法はSEOキーワード選定法~検索エンジン上位表示に絶対必要な5ステップ~で神的にまとまっています。「高井戸」で検索し、「グローバル月間検索ボリューム」を降順にします。ログインしないほうが良い結果が得られるかもしれません。

こちらも中期的な視野で注力すべきキーワードを探すツールと言えそうです。

短期:Yahoo!リアルタイム

「高井戸」の検索結果 – Yahoo!検索(リアルタイム)のように出てくるtwitterリアルタイム検索ツールである。期間指定ができ、かつグラフで盛り上がり具合も把握できるので短期的なニーズチェックにはもってこい。期間の設定次第では中期的にも使える。

短期:Googleニュース

「高井戸」Googleニュース検索も使えます。ニュースになったものは検索されやすいという観点から。Googleアラートを使ってお知らせが届くようにしても便利。

以上です。眠くなってしまいました。尻すぼみですみません。いろいろと面倒ですが、SEOは「世界中の人が参加する情報の穴埋めゲーム」とでも捉えれば楽しく使いこなせるかもしれませんね。

©2017 まちいく

Log in with your credentials

Forgot your details?