BuddyPressはWordPressを強烈にSNS化するプラグイン

まさに強烈。

WordPressとは、基本的にはブログツール、広い意味でCMS、もっと広い意味でホームページ作成ツールです。それに、SNS機能を付加するプラグインが2009年に発表されました。その名もBuddyPress。2010年4月30日現在でバージョン1.2.3です。

thumb_IMG_7123_1024

ある時期まで、BuddyPressはWordPressの一派生バージョンWordPressMUというものでしか動きませんでしたが、最近、通常のWordPressに対応しました。WordPressにはブログの寄稿者などとして、ひとつのブログに対して新規に複数のアカウントを追加できますが、そのアカウントとBuddyPressのアカウントをリンク(同じものにする)する仕様となっています。これにより、ひとつのアカウントで、ブログを投稿したり、SNS内で発言その他のコミュニケーションをとることが可能になっています。

BuddyPressはTwitter以上Mixi未満の繋がり具合

悩みましたがこう言い切ります。BuddyPressにはグループやフォーラム(スレッド)機能があり、Twitterよりも密接で落ち着いたコミュニケーションが可能です。また、BuddyPressを導入しているサイト間での繋がりは無い(今後実装されたら面白い)ため、そのサイト内のみでの繋がりとなり、性質上、緊密な繋がりとなります。

BuddyPressは「オープンSNS」といわれるものです。Mixiとは違い、Twitterのようにコミュニケーション内容は全て外部に公開され、検索エンジンにも拾われ、誰でも閲覧できるようになっています。Mixiで友達のみにしか公開できないような内容は書けないことになります。

BuddyPressの仕様は、TwitterとMixiの良さをそれぞれコンバインしたようなものになっていると私は思います。Twitterにおけるタイムラインのようなものがあり、小字数で気軽に投稿されたものが、活動(Activity)という形で次々と表示されます。一方でMixiにおけるコミュニティのようなグループ(Group)というくくりもあり、参加者や発言内容をスクリーニングすることが可能になっています。また掲示板のスレッドのようなフォーラム(Forum)機能もあり、グループ内であるテーマに絞った会話や議論を交わしたいときに利用することができます。Mixiのトピックにあたるでしょう。

これらが、非常にシンプルなUIで実現されています。
詳しくは、ぜひ、杉並区おた助に登録してみて、実感なさってください。
杉並区が好きな方なら誰でも参加できます。

BuddyPressの一番の悩みは見た目

見た目は大事です。BuddyPressをインストールすると、自動的に専用のテーマがインストールされ、利用可能になりますが、あまりスタイリッシュではありません。また、これまで利用していたWordPressのテーマに愛着をもっている方にとっては難しい選択肢となるでしょう。この問題を打破するプラグインが別途ある、というイタレリツクセリが存在します。それが、BuddyPress Template Pack

0 Comments

Leave a reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

©2017 まちいく

Log in with your credentials

Forgot your details?